うぃちゃんと一緒
ミニチュアダックスフンドのひまは椎間板ヘルニアがすっかり回復して、ちょっと気をつけながらお茶目な日々を送っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひま、かっこわるいぃ?
ひまはお洋服を着るのがき・ら・い
なぜなんでしょうか?
どうしても嫌なようです。
うううう・・・と唸り、咬むまねをします。
これはあくまでも咬むジェスチャーで、本気で噛み付くことはありませんが・・
1-fe3.jpg


お洋服着ないと、ちいさく縮こまって、
お目目をちいさく寒そうにしているくせに、
いざ着せようとすると、ものすごい抵抗.
ひばの手はベロベロになってしまうし、
あまり体をくねらせるのはヘルニアに良くないと思うので

結局最後の手の口輪?に登場してもらうことに・・・
おかしなことに、ひまはこれは嫌がりません
出してくると、「あ、そう、はいはい」てなかんじで、
おとなしく口輪をさせます。
そのあとはささっと服を着せてもらって終了
あっけないくらい簡単です。
1-fe1.jpg


お医者さんで口輪を出すと、先生方はみな、
「え? そんな獰猛なの? がぶがぶかむの?」って引きます。
「いえいえ、まねだけなんですけど・・へへへ」と言葉を濁し・・
でも先生たちも本音は咬まれるのはいやなので、「助かりますよ」らしいんですが。

お洋服を着ると、明らかに体調のよくなるひま
今年は可愛い服をいくつか買ってもらってご機嫌のひまなんですが、
口輪しなくても、おとなしく着て欲しいなあ
1-fe2.jpg

まだ着ている途中。なんとか口輪なしでトライしたものの、ここまでで限界かわいい顔をしてますが、手を近づけると・・・
ヘルニア再発予防のためにあたたか~くしないといけないので、ひばの戦いは続きます

前回の答え
1-feのコピー

ぽちっと応援してくれるとうれしいっ


スポンサーサイト


繭玉でお掃除? またも誤飲騒動
大変危険なので、この記事は途中で読むのをやめないでください!
はやとちり厳禁です。


ミレニアムベビーのひまももう7歳
いろいろと老いてきた器官をお手入れ・・・
昨日は腸のお掃除を・・・
というわけで
繭玉を食べてもらいました。
1-gsu3.jpg

これが腸内を移動する間に、腸壁にへばりついたいらないものをお掃除してくれる
という結構なシステム。
ちょうど24時間ほどで、ご排泄
これで3歳は若返り
1-gsu7.jpg


ならいいんですが、(んなわけないですよ)
いつものように、悪い子ひまの拾い食い
鼻先で何かいじっているのを見つけ、
近づこうとすると、いつもの威嚇
取り上げようと、気をそらせる作戦でやったのですが
失敗
とられるくらいなら食べちゃう!
といういつものパターンで、あっという間に飲み込んでしまいました
1-gsu4のコピー

※これが後日繭玉をみせた時の図です。

場所が部屋の端の椅子の下で、何を食べたのか確認しづらく、
白いものという程度しか分かりません。
その時はティッシュしか思い当たらなかったので、
多分お医者さんに駆け込むほどではないと判断。
とりあえず、様子を見ることに。

結果的にはお肌の汚れ取りの繭玉で、めでたくそのまま出てきてくれて
よかったのですが・・・
ウ〇チを割り箸で解剖して確認していたら
ひまが「食べるの?」「だめよ。わたしのよ
てな感じで近づいてきました。
1-gsu5.jpg


誤飲で、結局手術になった犬で
おなかに他にも色々入っていた話を聞いたことがあります。
もしかしたらひまのおなかにも、いろいろと何か入っているのかも・・・・

昨日はそれでも心配で、ちょっと年とった気分のひば。
なんか疲れたなあ。
1-gsu6.jpg

ぽちっと応援してくれるとうれしいっ





犬だって、反省するんでしゅよ。
あの事件の後、数日間ひまはいつものひまになりませんでした。
表情は硬く、甘えず、違う犬みたい

悪いことをしたと分からせなくちゃいけないと思い、
家族そろって、きつく叱ったのがこたえたんでしょうか
1-qwe.jpg

血の匂いとか、雰囲気が伝わって、大変なことしちゃったと思ったんでしょうか

しょんもりして、ちっこく、なんか孤独な雰囲気。
なんだかとてもかわいそう

ひまは、実のところ、ちょい悪位がちょうどいいんです。
そうでないと、目もちっこく、寂しげで哀れっぽくなっちゃうんです。
はぁぁ

ほっとけなくて可愛がってみました
でもなかなかいつもみたいに甘えない・・・

犬だって、反省するんでしゅかね。
反省するんでしゅよ。

1-qw.jpg

まぁさらに数日後に、ひま復活しましたが

ぽちっと応援してくれるとうれしいっ




ひまもどき との死闘
映画「グレムリン」では、「深夜零時過ぎには、モグアイに食べ物だか水だかを、決して与えてはいけない」という掟がありました。
ひまの場合は、「履いた靴下、帽子、使いかけの化粧用スポンジ、使い捨てカイロetc,etc,etc
は、いかなる場合もひまのそばにおいてはいけない」
という絶対律があります。
さもないと・・・・なにがおこるか分かりません。
でも・・・
ある夜、深夜のこと・・・・
その
ぜったい、ぜったい、絶対・・・守られなければならない掟が・・・
破られてしまったのです
ママの使い捨てカイロが、何気なく、ベッドの上に・・・

その時、
ひまはそれまで気付かずに、うとうとと腕の中で眠りかけていましたが
何かのきっかけで、ふとカイロに気付いてしまったのです

その瞬間に、ひまはひまではなくなり
野生の狼みたいに変身してしまいました
〔残念ながら、これは決してオーバーな言い方ではないのです。)
その後は
「カイロを奪おうとするものは誰も許さない
「動くものは誰でも攻撃する
という、何かの命令があるかのように、
ひまは激しく威嚇し、攻撃態勢を取って唸り続けました。
口の近くにひばの右手があり、その手を細かく噛み始めました。

そばにいたママがカイロを隠そうとセーターを投げかけた瞬間、
攻撃とみなしたひまは、ひばの手をがぶりと噛みつき、
鋭い痛みが・・・・
いつものアマ噛みではなく、ガブリとかまれました。
とっさにそれ以上の攻撃を止めるために、左手で喉元を押さえました。
そこ以外に押さえる場所はないから・・・

うまい位置を押さえることができましたが、向こうも必死、というか
何か憑いているみたいなので、
ものすごい力で押さえないと逃げてしまいそうで、
逃げたらきっと、2メートル近くも飛びついて攻撃してしてくるので、
こちらも必死、崖っぷちで手を離せば死んでしまう位必死。
だって、ひばの顔と頚動脈がちょうど噛みやすい位置にあったから

近くにいたママも滅多な動きはできず、ゆっくり動いて
今度はミニ毛布をカイロにうまくかけました。
それでもひまもどきの興奮はまったくおさまりません。
早くカイロを取り去らなければ・・・

結局、毛布の下からママが手を伸ばして、カイロを取り上げるのに成功
とたんに、ひまもどきは、ひまに戻って
おとなしくなりました。
もう攻撃する気はまったくありません。

目から瞬時にして狂気が消えたので、押さえた手を離して・・・

ひばはといえば血だらけの手をおさえて、台所に直行
流水で、何分か、傷口を流しました。
深い傷は流水で流して洗うのが鉄則。
冷水で手が冷たくなるまで、流す、流す
それにしてもものすごい痛み
20071124195454.jpg

手当てしてからしか、写真のことを考えない、ジャーナリスト精神に欠けるひば。シーツも血だらだら。

今回、キリストが釘を打たれた手のひらの痛みを実感
ちょうど、その位置なんです。
ズキズキじ~んっ

夜中ぱんぱんに手全体が腫れ上がってしまったけれど、
予備に持っていった抗生物質が効きました


今日のひばはとても憂鬱です
もしもあの時、ひばが一人だったら・・・
うまく左手で押さえつけることができなかったら・・・・
もしも喉や顔を咬まれてしまっていたら・・・
ものすごく大変なことになってしまったかもしれません。
7年間、ひまをかわいがって育ててきたのに・・・・・

こういう症状は獣医さんたちの間で、しっかりとした症状として
認識されているようには思えないのです。
今までも何回か、いろいろな先生に相談はしました。
でも、良い解決法、治療法はわかりません。

今年は、ひば家でもいろいろあり、
あまりよい年ではありませんでした。
というか、かなりひどい年でした
めげないで、というよりはたぶん単に鈍感力
なんとかやっていますが・・・・・
今日は憂鬱です
これから、無事にひまを飼っていけるんでしょうか?

ぽちっと応援してくれるとうれしいっ




ひまの威嚇癖・・・それとも守り犬?
20070726203119.jpg

20070726203136.jpg

20070726203153.jpg

20070726203210.jpg

うちのひま、突然犬が変わるんです
突然・・・といっても、もちろんきっかけはあるんですけど・・・

きっかけ
犬用おもちゃ(どんな形でも)
ボーン型ガム
グリニーズ
合成皮革、革製品
使用済みくつ下
ラベンダーの香りのサッシェ
羊ちゃん

例えば、犬用ボーン型ガム、反対側をしっかり握って噛ませているうちに・・・
目がトロンとし、恍惚といったかんじになり、そのうち、いっちゃって・・・
ぐるるる・・・と唸って威嚇してきます。

はじめ、ボーンを床に投げて無関心にしてたら、異様な空気が流れ・・・
近寄ると威嚇。
なんとか、玄関チャイムを鳴らしたりして、気をそらせ、取り上げましたが、
血が出ても噛み続け、後になって歯が欠けているのが分かりました

気をそらせ作戦で、チャイムを鳴らしすぎたため、もうこの手は使えませんっ。
学習する女、ひま。目的のためならどんな手段をも考え、達成する手ごわいやつ。

時にはゴミ箱でブツを隠し〔さっとプラのゴミ箱をかぶせて、アラ!なくなっちゃった・・・ってことに)、
時にはひばが傷だらけになり
時には病院に駆け込み(スポンジ食べちゃった事件)
日々の苦労は続きます。

獣医師のせんせによれば、「それって、きっと獲物?を守っているつもりなのよ。
確かに・・・獲物の側では目つき悪く、スフィンクスのように背筋を伸ばして座っている。周囲に神経を張り巡らし、近づくものを威嚇する。

今日は大掃除中にでた新品の合皮座椅子にフェチっ。だけど、今回の執着度は低いのか、
カメラを向けると可愛いお顔に・・・顔、作ってるの??

ぽちっと応援してくれるとうれしいっ





Copyright © うぃちゃんと一緒. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。