うぃちゃんと一緒
ミニチュアダックスフンドのひまは椎間板ヘルニアがすっかり回復して、ちょっと気をつけながらお茶目な日々を送っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


藤の名所をたずねてひまが行く+闘病回想記7

(ひま藤を見に行く)


GW、夏日。今年は藤が当たり年ということなので、朝早く藤見に行ってきました。cd.jpg



 池の中に置かれた銅像は、写実主義の鬼才、日展に何度も入賞なさっている彫刻家の高名な先生による作品で題名は「亀の戯れ」だそうです。思わずう~んと唸ってしまいましたが、なぜあのように亀を密集させたのでしょう?きつくて首が上を向いちゃってますよね。


d.jpg


どこを見ても藤・藤・藤。クマンバチに邪魔されながらも堪能できました。皆さん上を向いて歩いていて踏まれると危ないので、ひまはずっとだっこ


a.jpgb.jpg


このショットはおうちで。藤娘香り良し。


20070430205246.jpg


今年は看病で桜が見られなかったので、いい目の保養でした


(回想記7)


食事は処方食CIW缶(シーザーの大きさ)を1/16分だけ、お湯に溶かして食べさせるところから始まりました。 すごく量が少なくて、毎日300gづつひまが痩せていくので、後は野菜スープを作って、スープのみ飲ませました。依然として血混じりの下痢は続いています。転院しても、膵炎の薬を点滴しても、下痢は治りません。膵炎といえば、専門機関に出した犬膵特異的リパーゼが非常に高い値がでたと説明を受け、膵炎の薬に飲み薬をプラスしました。しかし車に乗って、病院を出る直前に飲んだという膵炎の薬(カモステート)をすぐ吐いてしまいました。黄色の泡がもくもくでてきて、手に触れると、すぐ水で濡らしたティッシュで拭いたにも関わらず、チリチリした痛みが走り、強烈なかゆみがでて赤くなりました。こんな薬飲ませていいのか?と思いました。(つづく)


f.jpg


最後まで読んでいただいた方にこっそり?お教えします。本日の日記、嘘だぁと思った部分、ありませんでしたか?実はあの亀、本物なんです。岩と同化して、しかも全然動かないので、はじめはほんとに作り物かと思いました。 重なり合ってひなたぼっこしてました。



ブログランキング参加中。


こんなすごい亀さんを見たのはじめて!!という方、ぽちっとお願いします


追伸:ノセノセ隊 入隊希望ですよろちく 40.jpg
スポンサーサイト


闘病回想記6+ひまのお出かけ

(回想記6)


血液検査は毎日行われました。白血球は普段の3倍になり、血小板が異常に少なくなりました。インフォームドコンセントということになってはいるのですが、与えている薬についての説明は大雑把で、薬品名を教えたくないようでした。(薬については、まだわからないことも多く、調査中なので後ほどまとめてアップします。)椎間板ヘルニアに関しては尾から3つめ付近がやや狭いけれど、とりあえず下痢を治すのが先決という判断で、レーザーのみの治療になりました。夜、家に帰ってきても寝返りもできず、トイレにも立つのもかなりきつそうなので、ひまがトイレを見るのに気付いてつれていくという状況でした。下痢の色は鮮血、やや緑がかったワイン色で、状態はあまりよくなりません。超音波音でクーと、高くものすごく細い声で鳴き、夜もあまり眠れないようでした。家族と交代で徹夜の日々でした。(つづく)
20070429213703.jpg


(本日のひま) ♪歩くのが嬉しくて♪


ひまが元気な時によく行ったショッピングモールに行きました♪今は麻痺もほとんどなく歩けるひまですが、まだ5分程度で疲れてしまいます。でも歩けるのが嬉しくって嬉しくってしょうがないみたいもっと筋肉つけなくっちゃ。 20070429213814.jpg20070429213832.jpg

20070429213850.jpg
20070429213917.jpg
20070429213940.jpg
20070429213957.jpg
20070429214009.jpg



ブログランキング参加中です。頑張ってるひまに応援よろしくお願いします




お風呂 いい湯だな♪


今日はシャンプー まずは足毛切りから。小さなハサミで切っていきます。ひまはすごく足毛と爪の伸びが早いんです。爪は真っ黒で血管が見えないので犬の美容室にまかせてます。 20070428232201.jpg
シャンプーのついでにちょっとリハビリを兼ねて泳がしてみました。前回は前足だけ力強く動かしていて、後足は浮いている感じが強かったんですが、今回は後足もちゃんと動かして泳いでましたうまくなってるかんじです。これならリハビリ効果も期待できそうでも自力では浮力?の関係か左右にゆらゆらしてしまうので、胴体を支えて泳がせます。(手を怪我したので手袋してます。) 26.jpg



お風呂上りは前回より少し温度を上げたのでほかほか。リラックスしたみたい。 27.jpg




ブログランキング参加中です。頑張ったひまにクリックお願いします



闘病回想記5(薬物性膵炎!?)+本日のひま

(回想記5)


「かなりきつい下痢ですね。ステロイドの副作用だけでこんなにひどい下痢がこんなに長期間続くとは考えにくいので他に要因があると考えた方が自然です。」と転院先の先生は渋い顔をし、血液検査と


 23.jpg 再度レントゲンを撮りました。(闘病中のひま


その結果、膵炎の気があるので、専門機関に血液検査を依頼し、その結果がでるまでも予防的に膵炎の薬を点滴することになりました。ちなみに、ここの病院ではリパーゼ値が測れないため、前の病院の血液検査が参考にされました。前の病院の診断ではリパーゼ値が高いけれど、アミラーゼが低いので、特に問題ないといわれていた箇所が、ここで問題ありと診断が下されたのです。


先生は「膵炎はとても怖い病気で生死に関わります。」とすごく重たい口調でいい、「頑張れるよね」と頼もしげにひまの頭を撫でました。もちろん絶食。家に戻り「膵炎」について調べてみると、膵炎の主な特徴である「吐き気」が全く無かったのですが、治らない下痢がとっても心配だったし、生死に関わるということなので、入院もしないのに前の病院に比べ2倍という高額な治療費にびっくりしながらも、先生を信じて通うことにしました。この決断が後に危機一髪の事態につながるなどとこの時は夢にも思いませんでした。(つづく)


 (本日のひま)


元気茹で上げスパゲッティのおこぼれをもらおうと真剣。 24.jpg
ブログランキング参加中です。よろしくお願いします



闘病回想記4(鍼治療)+本日のひま

(回想録4・・・鍼治療)
再入院の初日は下痢がひどかったものの(1日10回)、2日目にはすこし改善がみられました。お薬はビクシリン(抗生物質)、エラスポール(全身の炎症止め)、ブスコパン(痛み止め)、テイガスト(胃潰瘍,十二指腸潰瘍,胃炎)、下痢止めになりました。「これ以上絶食は続けられない」「食事を取ったほうが下痢の回復につながる」ということで、処方食を与えることになったのですが・・・相当量を無理に食べさせられ、さらに下痢がひどくなってしまいました。表情も乏しくなり、入院のストレスが大きいようなので、夜預け下痢による脱水を防ぐために点滴をし、昼間家に戻るスタイルにしてもらいました。
22.jpg
ヘルニアに関しては、「下痢をしていても、痛覚がなくなったらすぐ手術をします」といわれました。手術をしたらまたステロイドを飲まなければならず・・・しかも長期入院は精神的に無理。なによりひどくなる一方の下痢が心配で・・・「絶対手術はさせられない」と思い、ヘルニアの治療も同時進行していかなければと思い、昼の帰宅中に犬の鍼灸をされている先生に来てもらうことになりました。 その先生によれば、下痢をしていても鍼は大丈夫ということでした。先生を噛んでしまうといけないので、念のため口輪(耳の奥の掃除を極端に嫌がるので、ノルバサンオチック液を入れる時だけ普段から使用していました。)をして、まずは軽いマッサージから。首筋からしっぽの付け根まで、背骨に沿ってツボをマッサージしていきます。ひまはその間うっとりうとうと。それから鍼を刺し、電気を通します。一回だけきゃんきゃん鳴いて痛がりましたが、それ以外は気持ちよさそうでした。


20.jpg 21.jpg

でも鍼のすぐ後、かなりひどい下痢。先生が帰られてからは、かなりぐったり。はじめての鍼はすごく疲れるそうで、長い間熟睡していました。夕方になると下痢が激しくなり、出血もひどくなってきました。食べたものはほとんど消化できていないし・・・それにしてもなんでこんなに下痢が止まらないのか、重大なことに思えるのにそう思っていないようなのはなぜなんだろうか・・・もう少し絶食させてほしいのだけど病院に戻れば、また処方食になるかもしれないし、・・・・このままでは死んじゃうかもしれない・・・と不安で転院を決意しました。(つづく)


(本日のひま)


19.jpg
ひなたぼっこ


FC2 Blog Ranking ブログランキング参加中です。よろしくお願いします



手作りクッキー失敗
獣医師推奨のマクロビスィーツ、五穀ワッフルをあげたところ、
歯にくっつくくっつくくっつく。すご~く美味しかったみたいだけど、
取り上げて、その代わりといっちゃなんだけど、作ってみました。手作りクッキー。

16.jpg


でも失敗。さくさく感のまるでない、きなこゆずクッキー。
取り柄は香りと歯に全くくっつかないところしかございません。
ひまはできる前からくんくんくんくんと匂いを嗅いでいました。

さあ、召し上がれ
17.jpg

はむっ

基本的に手作りのもの大好きなひま(身びいき?)はいつでもおいしいと食べてくれます。こんどはうまく作るからね。

18.jpg

受けてたつでございまちてよ

ブログランキング参加中です。よろしくお願いします


馬肉ジャーキー デビュー?♪
「ここ(獣医さんとこ)じゃ食べないと思うから、おうちに帰って落ち着いたらお食べ~」と
獣医さんからもらった馬肉ジャーキーのサンプル。
馬肉初体験です。馬肉ってあまりなじみがないけど、良質のたんぱく質なんですね。

馬肉の効用
☆低アレルギー食材
☆鉄分、ビタミンE、カルシウムも豊富
☆低カロリー
☆グルコーゲンが多く消化によい

入院中に歯が数箇所欠けちゃったひま。もともとエナメル質の形成がよくなくって、
カルシウムが必要なので、こんどは馬刺しを焼いてあげようかな。

11.jpg
ちょーだい
15.jpg
ぺろっ
12.jpg
うまっ
13.jpg


FC2 Blog Ranking
ブログランキング参加中です。よろしくお願いします



闘病回想記3+本日のひま
(回想記3)
お鼻の擦りむけが拡大し、赤白くなってしまいました。目もうつろ下痢は続き、内服ステロイドを中止することに。本来ならまだ入院のところ、通院に切り替えてもらい、夜帰ってきました。流動食を作ってみても、のどを通らない状態で、口の中がからから、舌がもつれる感じ。悪夢ばかりみているようで寝ている間、顔を引きつらせていました。しっぽはずっと丸め込んだまま。次第に粘性のある水様性のワインレッドの下痢になり、それが1時間置きに血便下痢になり、翌日夜再入院することになりました(つづく)

(本日のひま)
本日のひまは調子いまいち。寒いせいなのか、昨日のお散歩ではしゃぎすぎたせいなのか、足がハの字に開いて、腰がふらつきます。RUTAを飲んで、お医者さんからもらった暖房用の綿を入れたつなぎを着せました。つなぎはピンクが品切れでグリーンポッケを取って、足の部分を切って短くしました


6.jpg

20070423230229.jpg

FC2 Blog Ranking
ブログランキング参加中です。よろしくお願いします


闘病回想記2+その後のひまハイドロセラピー

椎間板ヘルニア回想記2)翌日面会に行くと、ひまは元気そうでした。しっぽを振って立っていました。が、後足の戻りは依然として弱く、背中も丸くなっていて、熱をもっていました。まだ予断を許さない状況。病院食を全く食べないということで、薬負けを心配して家からごはんを持っていきました。2日目、3日目と椎間板ヘルニアの状態は変わらず、タオルにこすりつけて鼻を擦りむき、痛々しく赤くなっていました。食欲がなくなっていき、ごはんを持っていっても、顔を背けるようになりました。このころから下痢が始まり、はじめは軽いものだったのですが、次第に悪くなっていきました。病院からは、「ステロイド副作用でよくあることですよ。全く心配ありません。」といわれましたが、食欲は全くなくなり、匂いを嗅ぐのも嫌そうで、下痢はどんどんひどくなっていくのでした(つづく)


(ひまのその後・・・家庭でのハイドロセラピーの試み)


容態がすいぶん落ち着いてから、筋肉が弱っていくのが心配で、スイミングをさせてみました。 場所は自宅のお風呂。筋肉が一番リラックスする温度-30度位にして10分間入れてみました。別府温泉の素、ティーツリーオイル、ヒノキチオールがブレンドされたペット兼用入浴剤(王様の休憩 温泉21)を入れ、温泉効果もプラス 胴体を持って、泳がせました。前足はすごく強く犬掻きしていたのですが、後足はほぼ浮いているだけで、肝心の運動効果はいまひとつ


 3.jpg
お風呂からでると体は冷えていたし、ドライヤーがストレスらしく嫌なお顔に。 4.jpg
最終的には機嫌を直して、爆睡。その後獣医さんに聞いたところ、乾かすストレスが多そうなので止めたほうがいいといわれてしまいました。ひまはミディアムヘアなのですが、すごい水分のある艶毛で本当に乾くのに時間がかかるんです・・・


5.jpg


FC2 Blog Rankingブログランキング参加中です。よろしくお願いします


 




闘病回想記+本日のひま

(回想記1)


夜の11時ごろギャンと一声鳴いたのが、ヘルニアの始まりでした。何か踏んだのかしら、でも何も無いし・・・そのまま気付かず、1時間後に寝ようとして「2階行くよ。おいで」と呼んだとき、座ったまま来ませんでした。抱いて見ると断続的に震えていて、ほんのわずかクーーーといっています。気になったものの、この子はとてもオーバーなので、たいしたことは無いかもしれないと寝かせつけてみたのですが、なかなか眠りません。どこか痛そうだし・・・立ち上がれないようだし・・・ これは大事かもしれないと思い、24時間診療の動物病院に行くことにしました。ここはかかりつけで、日ごろ健康診断もしてもらっていて、信頼していました。獣医さんはたくさんいるので、夜勤の方は初めての人でしたが、話を聞くとすぐに「椎間板ヘルニアだと思います」とのことでした。後足の甲を床につけてすぐに元に戻せるかを調べると、特に左の戻りがよくありません。指の間をつねって痛覚を診ると、あるようなので、ぎりぎり内科的治療の範囲内なので、薬で様子をみることになりました。でもこれからの経過は予想できないこと、痛覚が無くなったらすぐに手術をすること、と告げられて、即入院。闘病生活が始まりました。  (つづく)


(本日のひま)


肉球を舐めるので、みつろうを塗りました。


オーガニックラベンダー入りみつろうと混ぜると香りもよくってリラックス 1.jpg2.jpg

FC2 Blog Ranking ブログランキング参加中です。よろしくお願いします



ひま、マットを買ってもらう
20070420103830.jpg

20070420103846.jpg

今日はひまがヘルニアになってから通販で購入した、ひとつづつ貼って剥がせる薄マットをご紹介します。
すごい吸着力でがりがりしてもびくともしません!しかも洗える!(洗ったこと
ないけど)色も濃い目モカブラウンと薄めモカブラウンの市松柄でおしゃれ
気に入っています。このマットのすごいところは、しっかり肉球にフィットするらしく
歩行補助になって、足取りがしっかりしてリハビリになることです。レビューに
足取りがしっかりしてきたとあり、半信半疑だったのですが、本当でした
買った当時、ひまはうひゃ!!ととっても喜んではしゃいでました
欠点はごみを吸着しやすく、使っているうちに少し毛羽立って始めよりはほんの少し滑りやすくなってしまったことですが、カーペットという特性上仕方ないのかもしれません。
今では何度かリピして、家の市松柄占有率が上がってます~






ひまのこと
himama.jpg

ヘルニア発症から2ヶ月
少しづつ過去のことをアップしていこうと思うのですが、
毎晩寝られないくらい大変でした
今は、元気に走っていますが、一時は下半身が麻痺して歩けませんでした。
ステロイドの内服による副作用で血の水様下痢が3週間も続き、
1. 5kgも痩せました。それで選択した西洋医学の代替医療である、
ホメオパシーが劇的に効いたみたいです。
ホメオパシーというと、いかがわしいイメージですが、
ドイツでは有名で、イギリス王室にもホメオパシー療養所あるみたい。
今日は春なので、お花と一緒にぱちり
今はホメオパシーを終了し、ボマジールというサプリを飲んで、つぼマッサージを
ときどきしてま~す

FC2 Blog Ranking
ブログランキング参加中です。よろしくお願いします




Copyright © うぃちゃんと一緒. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。