うぃちゃんと一緒
ミニチュアダックスフンドのひまは椎間板ヘルニアがすっかり回復して、ちょっと気をつけながらお茶目な日々を送っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


柴又帝釈天に初詣♪
三日の日の午前
かなり久しぶりに、柴又の帝釈様に行きました
ここは昔ながらの店の並んだ参道があって、好きなんですが、
かなり前から、寅さんで有名ですよね。
10時過ぎと早かったので、
お正月らしい賑わいがあるけど混雑までいかない、
まあまあの人出でした。
でも思っていたより参道が長くなく幅も狭くて、混雑時はどう行列するのかな
と心配になったのですが、どうやら迂回路を回るみたいです。

山門を入って割合すぐに本堂があり、脇から靴を脱いであがって
渡り廊下を渡って中に入りました。
6-shiba.jpg


ここは見事な木彫が有名です。今年の干支、ねずみさん。
1-shiba.jpg

ついでに子犬ちゃんたち
2-shiba.jpg

中はお正月なので特別、内陣まで入れるようになっていて、
象に乗った帝釈様のご本尊が拝めます。ありがたい
昔はお堂を一回りして彫刻が見られたのですが、
ガラス張りの建物をめぐらした彫刻ギャラリーになってました。
拝観料はお庭と一緒で400円。でも三が日はお庭には入れません。
で、今日はお庭を覗くだけで、また今度にしました。
3-shiba.jpg

帰りは店先で甘酒を飲んだり、お団子を買い食いしたり、
お店に入っておでんを食べたり・・・
寒いときはこれが一番
4-shiba.jpg

5-shiba.jpg

駅前には渥美寅さんの像が立ってました。
(団体さんで込んでいたので写真撮るのを忘れました)
寅さん様様ですよね、柴又は。
おかげで参道も寂れることなく残って・・・。

でも渥美清は実際はインテリで、
さんとはまったく違う性格だったとか。、
普段、寅さんとごっちゃにされるのを嫌がっていたようで、
撮影終了後にサインをたのまれて、
「撮影終わった後までも寅さんやってらんないよ」とグチってました。
亡くなってから、こうして銅像になっているのは
本人はどうなんでしょうかねえ。
帝釈様のお役に立てば・・・なんて言うんでしょうか?
人生の皮肉を感じさせられる像ではありました。

そういえば
故高円宮さんから夕食を招待されて、当日「行かない」と言い出してドタキャン
一緒に招待された山田洋二監督が、言い訳に苦労したという話も・・・・

お土産には、草団子を買いましたが、
帰って食べたら思ったより蓬の香りが薄くて残念。
今度来たときは違う家のを買おうかな

えっひまはって
電車なのでお留守番でした

ぽちっと応援してくれるとうれしいっ



スポンサーサイト




Copyright © うぃちゃんと一緒. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。